LIFE
2021.02.20 Sat
679 Views

チャネリングで気になるあの子の落とし方を聞いてみたら、アイテムGETのための村人Aだということが判明した。

こんにちは。Shinです。

東京はだいぶ春っぽくなってきた。
2月末までに、将来のパートナーと会うことになっている(引き寄せで設定中)ので、現在マッチングアプリ使ったり、友達のツテを頼ったり、精力的に活動中だ。

特にコロナ禍で効率的なのはマッチングアプリである。

前回の記事では、マッチングアプリであったアフリカに医療支援経験のあるCちゃんの落とし方をサイキッカーの友達のSaekoさんにチャネリングして聞いてもらった。

今回は別の女の子、Mちゃんの落とし方をチャネリングで聞いてもらった話を書いていく。

Mちゃんのスペックと経緯

Mちゃんのスペックと経緯の再確認。

7つ年下、アメリカの大学を卒業していて英語がペラペラ。

可愛い。匂いが良い。ブランドも好きだけどファストファッションもサラッとオシャレに着こなせてしまう。

働きながら、自分の好きな歌手活動もやっていて、面白い話をたくさん聞かせてくれる。

ここ2ヶ月くらいずっと毎日LINEをしている。デートも2回して、向こう的には「いつ告白してくれるの?」というモードになっている(と感じる)。

価値観も合うし、一緒にいていて少なくとも時間が無駄と思うタイプの女性ではない。けど、微妙に住む世界が違っているような気がしていて、別の女性Cちゃんが後出しで現れたので、フェードアウトしようかなと思っていたのだ。

でも、前回のサイキッカーのSaekoさんのチャネリングで、

Shinさんは、自分がいいなと思った女性を全員惚れさせて、その中から選べば良い。それがいまやるべきこと。

どっかのガイドさん

というメッセージがあったので、おし!じゃあMちゃんを完全に落としにいこう!と思って、週末のデートを取り付けたところだ。

Mちゃんへのチャネリング開始

Saekoさんの羊毛フェルトのアトリエに「Trick or Treat!!」とバレンタインデーの義理チョコをもらいに行きがてら、Mちゃんの落とし方について聞いてみた。

Mちゃんのフルネームを、強くイメージを思い浮かべながら3回唱える。

ついでにSaekoさんが想像しやすいように写真も見せる。

あー、この子ね、Shinさんが今会うべき人だね。

この子から何か得るべきものがあって、それで今出会ってる感じ。

それは何かはわからないけど、例えばShinさんでいうところの量子力学の話のようなもの。

何気ない会話の中に、ちょろっと出したりするけど、相手が同じくらいの興味があって、深堀の質問をされないとあんまり深くは話さないでしょ?

そんな感じのネタというか哲学というか知識みたいなものをこのMちゃんが持っていて、それをGETするために会っただけ。

ドラクエで言うと、ラスボスに挑む前にアイテムGETするための、ちょっと重要な村人A的なポジションの人。それ以上でもそれ以下でもない。

そのアイテムをGETするために5回目くらいまでのデートで発掘すべき。
遅くても7回目まで。

それGETしたら、自然と向こうから勝手にフェードアウトする。

ガイドさん? & Saekoさん
つまり、こういうことだよね笑

SaekoさんがMちゃんの写真を見ながら、てかこの子可愛いけど、Shinさんと街を一緒に歩いているのが全く想像できん!想像できないってことは、その未来も存在していないと言うことだよ。

Shin:わっかるー。一緒に過ごす未来がまっっったく想像できないんだよね。そもそも、もしこの子が会社の同僚だったら、可愛いとは思うだろうけど、何も感じないから、自分からアプローチしようとは思わんわ。

マッチングアプリで知り合ったから、違和感を感じても、向こうが好き好きオーラを出してきてくれたりするだけで、お、いけるのか?いっていいのかな?という勘違いをしていた。

男性がマッチングアプリでの出会いで注意すべき点

日常生活の中での出会いと違って、マッチングアプリは、最初から相手を女性として見ることになる。だから、話がちょっと盛り上がったり、写真以上の可愛い子が来た!ってだけで舞い上がって、男の人は今人は舞い上がってちゃんと女性との相性を見極められなくなる。

男性がマッチングアプリで女性と出会うときに一番重要なのは、一番最初の初めましての時のフィーリング。それだけ。

そこで、お♪いいな!何か感じるな!ってなったら関係を進めれば良い。

そこで何も感じないなら、そこまで。

カフェや呑みで会話を始める前に、フィーリングでジャッジすること。

ガイドさん via Saekoさん

男性がマッチングアプリの出会いで気をつける点は、初めまして!のときに感じるフィーリングだけで、判断することらしい。

思わぬノウハウが聞けた。

女性のバージョンは聞けなかったので、いつか聞けたら書こうと思う。
女性の場合は、ポイントが違うっぽいみたいな話をしていた。

チャネリングの続き

さて、Mちゃんは、ラスボスに挑む前にアイテムGETするための村人A的なポジションであることは分かったのだが、果たしてそのアイテムとはなんだろう??🤔

Saekoさん:あ、続きの話があるみたいよ。

Shinさん、これ以降の人生で「何だろう?🤔」って言うの禁止ね。

気づかなかったけど、これShinさんの口癖なんだって。

何だろう?って、何かわからないこと・状態があって、わかった!!っていうシナリオが含まれてるんよ。一見、ワクワク感も含んだ言葉だから、悪い言葉ではなさそうなんだけどね。

つまりこの言葉には、何かわからないこと・状態を発生させてしまうという罠が含まれている。

Shinさんの場合、この何だろう?による、何かわからないこと・状態が3ヶ月おきくらいに、大小発生するように設定してしまってるみたい。口癖だけで。

わからない状態を発生させているせいで、最短ルートで知るべきこと、知りたいことにたどり着けないようになっている。

だから「何だろう??」はこれ以降の人生で、言うの一切禁止ね!

何かのガイドさん via Saekoさん

Saekoさん:Mちゃんの話より、こっちのほうが重要やん笑

Shin:そうやわー!口癖で何だろう!って言ってるわ!今後一切、何だろうって言わないようにする!!

Saekoさん:うんうん、Mちゃんとは、デートの中で、いまここ自分にだけ意識を集中していれば、きっと聞き出すべき内容に気づいて、深堀りできるはず。そして、今それが何なんだろう?って考えるのも、一切ダメだからね。出たとこ勝負で、瞬間で気づき、深ぼる。それだけ。

Shin:了解なりー!

Mちゃんとのデートに向けて

Mちゃんとのデートは明日に迫ってきた。

意識を集中させてアイテムをGETする!

あとは、惚れさせるための9:1コンボも、せっかくなのでかまして行こうと思う。9:1コンボとは、私が唯一他の男性に勝る、女性を落とすための才能らしいということは、前回のチャネリングで聞いた話。

姉と妹がいることもあって、女性の話を聞き出して、共感するのはもともと得意である。6:4くらいの比率を意識して、相手の話を聞き出す、相手が聞きたいであろうエピソードトークをするというテクニックは息を数ようにできるのだけど、6:4くらいじゃ、他の男性と比べて頭ひとつ抜けないらしい。

だから、9:1くらいの比率で、相手の話を聞き出して聞き出して、最後の1だけ、共感を表明するためのエピソードトークをするという割合にするというのが、9:1コンボである。

Mちゃんは村人Aなので、それだけの関係なのだが、せっかくなので村人Aも惚れさせて、ラブロマンスも目指していく。

村人Aと聞いて、村に滞在する間くらいは、体の関係を持っても良いやんと逆に開き直った。

距離を縮めるためのテクニック

9:1コンボを手に入れたとはいえ、作戦も練らなければいけない。女性とのディナーでは、隣に座ってパーソナルスペースに入るが基本なので、今回のデートはで隣り合って座れる席の確保が重要だ。

隣の席に座っていれば、匂いも嗅がせてもらいやすい。

私の場合、Saekoさんのチャネリングとまではいかないけど、匂いを嗅ぐと相手の病気とか、性格とか、精神状態とかがわかる。これによって会話内容を微妙にチューニングしたりしている。

前回のデートで、Mちゃんには首筋の匂いを嗅がせてもらっていて、いくつか情報を得たのだけど、日によって取れる情報が全然違うので、今回のデートでも首筋の匂いをクンクン嗅ぎたいのである(←変態w)。パーソナルスペースに入って、顔も思いっきり近くから、ドキドキさせるには良い手段。

首筋の匂いを嗅がせてくれるレベルは、完全に心を開いてくれてないとNGなんだけど、匂いを嗅ぐという行為は、相手の自分への心の開き具合を図る手段としても使える。

まずは、腕の匂いを嗅がせてもらう。

  • 匂いって大事だよね。ちょっと腕の匂い嗅がせてよ♪っていったときの反応
  • 手をとったときの反応
  • パーソナルスペースに入って顔を近づけた時の反応

それぞれの相手の反応を感じ取ることで、相手の心の開き具合がわかる。

ちょっと、なにっ!?みたいな腰が引けるような反応ならそれ以上はしない。
もっと近づけそうなら、キスをするくらいの顔の距離まで近づいて、首筋の匂いを嗅ぐ。

万人にとって使えるテクではないかもしれないど、男女問わず、匂いってめっちゃ大事じゃん!という人は一定数いるので、会う前のLINEなどで、ヘッズアップしておくと、その流れに持って行きやすい。

下心丸出しだと気持ち悪いだけなので、さりげなく当たり前のようにさらっと遂行するのが肝。

レストラン予約で引き寄せ

今週忙しすぎてできていなかったレストランの予約。

Mちゃんと事前に、ここ行こう♪とすり合わせていたレストランに電話することにする。

電話する前に引き寄せ

隣り合って密着して座れて、2人だけの時間を思う存分、リラックスして、ドキドキしながら、楽しみました♪

書くまでもないので、心の中で唱えた後に、それが実現された時の感情を一緒に味わる。感情を味わうのが引き寄せでは一番重要。

仕組みの話を少ししておく。

量子重力理論や量子脳論にもとづくと、この世界には時間が存在していない。我々は経験則で時間が存在していると思っているだけ。過去、現在、未来は、すべて一点の中にある。

そして脳自体も時間を判別していない。人間の経験則で、楽しい♪やったー♪嬉しい♪という感情を抱くと、脳はそれが今起こっていることなのか、過去に起こったことなのか、未来に起こったことなのか判断できない。その脳のバグというか仕組みをつかって、望んだ現実を自由に作り上げるのが引き寄せの本質である。

レストランに電話をする。

Shin:明日の夕方から2人で席の予約をお願いします

店員さん:明日はいっぱいいっぱいなんですよね。うーん、ちょっと待ってください。この時間なら2テーブルしか空いてませんが、席取れそうです。

Shin:どんな席ですか?

店員さん:テーブル+椅子 と テーブル+ソファーに2人並びで座る席 の二つです。

Shin:ソファーの2人並びで!!!!(やっほーーーい♪)

こういう日々のささやなかな引き寄せは本当にすぐに実現するのでお試しあれ。

Mちゃんとのデート内容は、to be continued!

Twitterをフォローして更新情報を受け取る

Related Articles

Popular Articles