LIFE
2022.04.08 Fri
2320 Views

最高の引っ越し先を彼女と一緒に引き寄せてみた。100%現実化させる秘訣はやっぱり◯◯

こんにちは、Shinです。

桜の季節になった。

先々週、先週と東京は桜満開で本当に気持ちのいい小春日和だった。

4月といえば引っ越しの季節。

かくゆう私も、1月から付き合い始めた大好きな彼女と明日から同棲を始めることになった。

同棲を始めたのは、仕組まれたような自然な流れだった。

今日楽しいから来週も会いたい。

すぐに会いたくなるから、自然とお互いの家に泊まる日が多くなる。

それだったらもう一緒に住もうよ!

そんな流れで、付き合ってからわずか3ヶ月で同棲を始めることになった。

私の彼女もまた、人生回数が多いのか、意識が世界をつくってる、だから引き寄せもできて当たり前、そんな感覚を持ち合わせている。

引き寄せのやり方を少しやり方を教えたら、すぐに使いこなせるようになっててほんまにビックリした。

そんな彼女と一緒に理想の同棲先物件を引き寄せてみたら、なんと最初の物で出現&即決となった。

この記事では、理想の引越し物件の引き寄せ文の書き方、引き寄せる上での大切なポイントについて書いていく。

これから引っ越しを考えている人がいれば是非試してみてほしい。

引き寄せ文の書き方

書いたのは2月20日。

書いた内容は下記の通り。手書きのノートからの抜粋。

2人で一緒に感情をたっくさん味わいながら書いてみた。

2022年2月20日

私、◯◯ (フルーネーム)と△△(フルネーム)は、2022年4月10日までに同棲を始めました。

日当たりが最高によくて、朝は太陽が起こしてくれて気持ちがいい!
日当たりがいいので植物もすくすくと元気に育って、みてて楽しい!

隣人もいい人でストレスが全くない!

部屋は開放感にあって気持ちいい!
静かで緑に溢れていて、リラックスした、安心で快適な生活を送ります。
何にも、誰にも邪魔されず本当に快適で幸せで楽しい生活を送ります。

キッチンにはコンロが3つあって料理が楽しい!
水回りも綺麗で、衛生的で、気持ちよく使える!
DIYが地涌自在で、部屋のカスタム度が高くて、楽しい!
アイデアがどんどん湧いてくる!
収納が多くて服が綺麗に片付けられてスッキリ!
インテリアがナチュラル、自然な、自分の好みにリフォームしてくれてて、居心地がいい!
ペットちゃんたちも気持ちよくリラックスして過ごしてていて、一緒に過ごしてて楽しい!

楽しいショップや美味しいレストランがたくさんあって楽しい!
家の周囲は緑がたくさんあって、帰り道は気持ちがいい!

そんな新しいお家で、安心で、快適な、リラックスした気持ちで、幸せに満ち満ちた同棲生活を2人で一緒に始めました♪

ありがとうございます!

◯◯ (フルーネーム)と△△(フルネーム)

こんな感じ。

その後、起こった現実

起こった現実を時系列で。

2月20日(土)

引き寄せ文を2人で描く。

ちなみにどうして同棲を始めようと思ったかというと、2月の上旬に彼女が実は新しい家に引っ越して、2月13日にIKEAに行こうぜ!と遊びに行った時に、「ねー、なんか一緒に住みたくない?」「…わっかる」って会話がきっかけだった。

彼女は新しい家に引っ越したばかりだったのだけど、壁が薄すぎて日当たりが悪いので、新しい家に移ることに決定。

引っ越してから1週間後に引っ越しを決めるというねw
すごい行動力。

2月21日(月)〜2月25日(金)

物件検索。

果報は向こうからってくるかもしれないけど、行動してなんぼなのでSUUMO、Goodroom、ぺやさがし、カウカモ、R-Style、ホームズなど、あらゆるアプリやサイトを駆使して物件探し。

◯◯駅徒歩5分以内、45平米以上、家賃18万円以内、南向きの間取り、角部屋、ペットOK、など、指定できる条件は全て入力して検索しまくる。

よさげな物件を2件見つけたので、内見を申し込む。

2月26日(土)

午前午後に合計2件の内見。

1件目からとっても良さそうな感じだった。

東南角部屋で解放感抜群。窓の外には木があって自然を感じられる。50平米弱なのでめっちゃ広い。駅徒歩3分なのも嬉しい。

仲介業者)リフォームが入るのですが、コロナの影響で材料調達が遅れていまして、入居は4月以降になってしまうそうですがOKですか?

私)全然大丈夫です♪

内見の時に仲介業者から少し申し訳なさそうに聞かれた。
しかし私の今の家は、解約が2ヶ月前通知なので、入居日は4月になってからの方が無駄なお金がかからないから良い!

仲介業者)ちなみに、この物件は弊社のみの取り扱いなんですけど、今日からSUUMOに広告を出すので早くお申し込みをすることをお勧めします!

よくある常套句だろうなと思いつつも、あまり嘘をつくタイプの感じではなかったので、本当なんだろうなと思った。

その後に2件目の物件も内見したけど、閉鎖的で解放感が少なかった。

45平米あるけど、天井も低いし、リビングも狭い。

なので、1件目の物件に決めることにした。
彼女も1件目が気に入ってくれたみたいだった。

1件目の仲介業者に電話をしてみる。

私)申し込みたいんですけどいいですかー?

仲介業者)もちろんです。あ、ただし、オーナー様がお友達に貸すかもしれないとのこと、今日の内見の後に急にオーナー様から言われまして。。。
そのお友達が3月中旬くらいに内見をするので、そのお友達の判断を待ってからの入居決定になりますが、問題ないでしょうか?

問題ないですよー。そしたら、また内見の結果をお知らせください。

こんな最高の素敵物件に入居できないわけがない。
引き寄せもしてるし。しかも上級者2人で。
1件目にしなさいと言わんばかりの小さな布石もたくさんあった。

SUUMOを見ても、物件掲載終了になっていたので、急にオーナーさんが友達に貸すかもと言い出して、仲介業者は若干振り回されているんだろうなーというのを察した。

わたしにとっては、なんらかのいい意味での調整期間なのだろうと思って、全然待てますの旨、返事を返した。

3月13日(日)

仲介業者からの連絡。

若干どうなるかと少し不安にはなっていたけど、オーナーの友達は辞退したから、申し込み手続きを進めますとの連絡だった。

ちなみに、少しお待ちいただいておりますので、通常は申し込みの2週間後を契約開始はとさせていただいているのですが、今回はShin様のご都合の良い入居日をご指定くださいませ。

なんと!私に都合の良いように世界は回っているのかw
(それが量子的世界の本質なんだけどね)

引っ越し経験者ならわかると思うけど、賃貸って申し込んだらすぐ入居してね!と半ば強引に迫ってくることが普通だから、入居日を選べるとは最高である。

ということで、4月9日に入居します!と返事をして、契約書も作成した。

4月8日(金)

引っ越しを明日に控えて、このブログを執筆中。

ちなみに引っ越しも海外スタイルで、友達に手伝ってもらってみんなでワイワイやる感じ。

ムキムキマッチョのカナダ人とかが来てくれる♪

楽しみであーる♪

新生活を想像して、どんなベッドにしようか?とか、いろんな話をずっとしてて楽しい♪

ベッドの置き方案のスケッチ

引っ越し先を引き寄せる上で大切なポイント

ポイントを4つに整理してみた。

①叶ったらどんな気持ちになるか?を事前に味わうこと

引き寄せのトリガーは感情。

感情をあらかじめ味わっておくと、それがトリガーとなって現実が作られる。

例えば

日当たりが最高に良くて、朝は太陽が起こしてくれて気持ちがいい!

日当たりが最高に良くて、植物もすくすくと元気に育って、見てて楽しい!

日当たりが良い(=条件)と、どんな気分😊になるのか?
これを想像して、引き寄せ文を書きながら、気分を思いっきり味わう。

②自分の本当の望みを知ること

実は自分の本当の望みを知っていることが最も重要だったりする。

潜在意識と表層意識(引き寄せ文)が一致していると現実化は異常に早い。

その理由はおそらく、感情が自然と込み上げてくるからだと思う。

注意すべきは、タワマン志向、ブランド志向の人である。

タワマンやブランドは、他人がつくった価値観である。

タワマンに住みたいのはなぜか?と問われた時、タワマンに住めたらこんな感情になる!と答えられる人はおそらくいないと思う。

感情が湧かないと言うことは、自分の本当の望みではない。

「自分が成功者だと思えるから」などと言う人に出会ったことがあるが、成功っていう軸で考えている時点で他人目線が入っているし、そもそも優越感とは少し低い次元の人が思う感情である。

「夜景が綺麗でうっとりできる♪」 とかだったら感情が伴いそうだけど、タワマンでなくたって綺麗な夜景は見れる。

タワマンに限らず、他人の価値観はけっこう刷り込まれているので注意しよう。

③2人でやってみること

今回、私にとっても初めての取り組みだったのが、2人で引き寄せてみること。

現実化がするのが早いこと、早いこと。

1件目の物件で即決とは自分でも驚き。

Saekoさんも「決まるの早いな!」ビックリしてたw

今回は私と彼女は、それぞれが心の底から望むものはなんなのか? 本当に望んでいるのか? 叶ったらどんな気持ちになるのか? ひとつひとつの望みに対して突き詰めた。

引き寄せ文に書いたものは、2人が心から望むものだし、一緒に感情を味わうことができるものだった。

2人の感情が合わさると現実化も早くて正確だということがわかった。

④家を大切にすること

チャネラーの友達のSaekoさんから聞いた話なんだけど、家を大切にする人は、いい家に巡り合うのだそう。

大切に住んでいると、家が次の素敵な家に住人を繋げるみたいなことを言ってた。

確かめようはないけど、なんとなくわかるような気もする。

今の家は本当に大切に大切に住んできた。
4年間も快適で安心の時間を過ごさせてくれて、ありがとうの気持ちでいっぱいである。

そんな気持ちが通じているのか、次の家はなんか今の家と感じが似てる気がする。

今回の引き寄せのうっかりポイント

ひとつ書き忘れたことがあった。
それはお金のこと。

気づいた方がいるかもだけど、家賃や初期費用についての言及の一切を忘れていたw

家賃は15万円くらいなので、東京の大人カップル2人暮らしの費用としてはリーズナブルな価格になっている。

しかし、最初に提示された初期費用がなんと80万円くらいだった。

ん?高すぎね?

紹介料1ヶ月分とか、物件オーナーからも手数料もらって、申込者からも手数料もらう2重取りとか、不動産業界はやっぱり悪どいなぁ。

私の能力の一つ「交渉力」を最大限に発動して、10万円以上安くした上に、いろいろ条件をつけてもらった。

引っ越し物件の引き寄せをするときは初期費用もしっかりと書くのがお勧め。

私も最初から書いてたら、礼金0円になっていたに違いない。

まとめ

引っ越し先の引き寄せで大切なのは、やっぱり感情!

あなたの世界では、あなたが感情を味わえるかどうか、それだけが大切。

感情を味わえることはあなたの本当の望みだし、本当の望みを知っていれば意識で世界をつくるなんて息を吸うようにできるようになる。

みなさんもお試しあれ。

Twitterをフォローして更新情報を受け取る

Related Articles

Popular Articles