LIFE
2021.01.22 Fri
1027 Views

ブループリントで一生を一緒に過ごすと定めた彼女と別れた話と、チラ見えした金髪美女の話

こんにちは、Shinです。

今回は、前回「彼女との将来を透視してもらったら、まだ生まれていない娘に激怒された話」の続き。

2018年当時、10年付き合っていた日本人の彼女がいた。
彼女は当時カナダへ留学中。

そんな折に、会社の女の子とちょっと仲良くなって、どっちにすればいいのだ!と悩んだけど、サイキッカーの友達Saekoさんにチャネリングをしてもらったところ、彼女との間に娘として生まれる予定の元オトンのエネルギーに「お前のプロポーズの言葉がダサいからなんとかしろ」「Shinが33歳のときに生まれるはずだったのに何モタモタしてるんだ!」と怒られ、カナダに留学中の彼女と結婚しようと心に決めたところから話は再開する。

6月 彼女の誕生日にプロポーズ

Saekoさんに、彼女との未来をチャネリングで診てもらったのが2019年の4月。

カナダの彼女も、私と結婚すると思って疑っていないとのことだったので、プロポーズしてみることにした。

さっさと話を決めておきたかったので、6月の彼女の誕生日に、カナダにLINE通話をしてプロポーズをした。

まさかのLINE通話でのプロポーズだったのにもかかわらず、「え、いまさ、花束持って外で待っててくれてるんやんなぁ?」と冗談を言いながら、受け入れてくれた彼女。

こういうところが、やっぱりブループリントで定めた相手なのか、良い思い出に変わってしまういうね。

8月 カナダに手作りの婚約指輪を届ける

とはいえ、LINE通話のプロポーズだけでは、締まらないと思ったので、婚約指輪を手作りして、夏休みをつかってカナダに届けに行った。

久しぶりに会ったけど、いつもと変わらず、気を張る必要もなく、きゃっきゃっと楽しかった。

婚約指輪も喜んでくれた。

彼女はカナダに延長滞在するので、日本に帰ってくるのは10ヶ月後にはなるのだが、あらためて人生を一緒に過ごすという決意をお互いにできた気がした。

12月 連絡が途絶える

カナダで一緒に過ごしてからは、不思議とLINEの頻度も上がったし、それまでよりもお互いに熱が入り直した気がした。

しかし、12月に入って、彼女からのLINEが突然途絶えた。

2週間、3週間、いつまで経っても連絡が来なかった。

こんなことが起こるのは異常事態である。とても心配になったので、とりあえず安否だけでも連絡してくれないかとLINEを送ったところ、、、

「やっぱり、結婚できない」

と返事が返ってきた。

おっおー、まじか!

マリッジブルーを発動した彼女について、Saekoさんに透視で診てもらう

さすがに打つ手がなくなったので、サイキッカーの友達のSaekoさんに相談してみた。

自分の名前を3回、彼女の名前を1回と生年月日を唱える。

質問:彼女の心理状況はどうなっているのか?

うーん、なんかねぇ、彼女さんはいまShinさんに不信感を持っているみたい。

理由はたぶん、婚約はしたけど、ここ数年間は離れ離れで暮らしてたでしょ?

彼女さんは、見た目にはわからないけど、中身のエネルギーは、子供のように親には見守っていて欲しい人。親というのはShinさんのこと。Shinさんは心の拠り所になっていたみたいね。

でも、親がちょっと目を話した隙に、子供が転んじゃったときに、子供は「何で見ててくれなかったんだよ!」って悲しかったり怒ったりするでしょ?

彼女さんはいまそれと同じ状態。

数年間、離れ離れだったから、もちろんカナダにいくことを決めたのは彼女自身なんだけど、何で見ててくれなかったの?って状態になってる。

それが、やっぱり結婚できないって言っている原因。

Saekoさん

質問:彼女にもう一度前向きになってもらう方法は?

彼女さんは、なんでわかってくれないの!話聞いてくれないの!って状態。

別にShinさんが、話を聞かない人っていってるんじゃなくて、目を話しちゃってから、泣きじゃくってるようなそんな状態。

そんなときに、何を言っても聞いてくれない。子供みたいに。

だからまず

「いろいろ考えて、悩んでたんだね。ちゃんと話きいてやれずにすまなかったね。落ち着いたらまた連絡してね」

と、これまで見ていなかったことの非を詫びた上で、彼女さんのタイミングで話せるように、おおらかな大人の姿勢を見せる。

そうすれば、また連絡くれるようになるし、一回ガス抜きしちゃえば前向きになってくれる。

Saekoさん

ほーほー、わかりやすい!!

んー、でもさー、Shinさん的に本当に結婚したいの??

じゃあさ、仮に、今、目の前にうーん、例えば、金髪の超可愛い美女が現れて、そちらも選べますって状況になったら、それでもカナダの彼女を選択する?

今この状況をつくりだしているのは、Shinさんの意識に他ならないよねぇ。

会社のMちゃんと楽しい時間を過ごして、今の彼女にないエネルギーの感じを知ってしまったから、Shinさんの中で迷いが生じている。

Shinさんの意識に振り回される彼女さんが可哀想や!!

Saekoさん

まー、普通に考えれば、彼女がマリッジブルーを発動して、振り回されてる私が可哀想と思う人は多いと思う。

けど、量子脳論や引き寄せを前提として、私とSaekoさんは話すので、彼女がマリッジブルーを発動したのは私の意識のせいであり、むしろ振り回されて可哀想なのは彼女ということになる。わかる人だけ。

てか、待って待って。

なんかね。2019年の3月までに出会う予定の金髪外国人美女がおるわ。

めっちゃかわいいな!

お姫様抱っこはちょっと無理!って感じの体型だけど、金髪ショートヘアで、洋服もめっちゃおしゃれな子。

すぐにSEXしたほうがいいよ。

子供もすぐ生まれる。

子供と3人で奥さんの実家に里帰りしている画が見えている。

奥さんのおとんがめっちゃおもろいな!

カウボーイのピッチピチの衣装着て、みんなを笑かしてくれるそんな素敵なおとん。

そんな人が出てきてるで。

それでも彼女と結婚したい?

Saekoさん

以前、チャネリングで診てもらった時に、いっつも一緒に人生を過ごしてる娘ちゃんが、生まれ待ち状態だって話を聞いたし、今回のチャネリングをしているときにも、私の近くで少し寂しそうに漂っているらしい。

そんな話をきいたら、娘ちゃんに会いたくなる。

けど、最新の自分の価値観、視野、感覚で選ぶなら、彼女ではないのだなと感じた。

彼女とは、一緒にいると、ひたすら安心、安定できる、そんな存在の人。

ブループリントで定めたらしいだけに、相性は抜群だし。

けど、一緒にいてのワクワク感や、弾ける感じを求めるようになってしまった自分がいた。

その感覚で選ぶなら、金髪の外国人美女ということになる。

まだ会ってもいないんだけどね。

だから、娘ちゃんに会いたい気持ちはあるけど、彼女とは別れることにする。

そう決断した。

Saekoさんは、「娘ちゃんのエネルギーは、よっぽどShinさんと仲がいいみたいね。女性じゃなくて、男性にくっついてるエネルギーも珍しいよね。だから、娘として生まれなくても、例えば子供の幼なじみとか、そういう形で全然出現するし、その瞬間に気づくと思うから、そんなに残念がらなくて大丈夫だよ♪」

「人間の常識ではたぶん理解できないだろうけど、世界ってそういうもんだから。」

と言ってくれた。

そっか、それはよかった♪

ほんまに、超絶仲良しだという娘ちゃんのエネルギーに会いたい。

金髪美女とのその後

この記事を書いている2021年1月。

透視で診てもらった金髪外国人美女とはまだ巡り逢えていない

なんでだろうなぁ。行動が足りていないのかなぁ。

でも、いま思うのは、彼女とは別れてよかったと思っている。

たぶん、自分の気持ちに素直にならずに結婚していたら、ちょっとしんどい部分があっただろうなぁと思う。

金髪外国人美女はまだ現れていないのだけど、7つ年下のモデルみたいに可愛い日本人の女の子は現れた。

アメリカの大学を卒業していて、働きながらボイトレに行ったり、とてもアクティブで、人や周りへの感謝に満ち溢れた、本当に素敵な女性だ。細かな好みは違うけど、根底の長期的な関係を築くために必要な価値観は全て一致しているとい奇跡な相性。

この子がブループリントで定めた子なのか?
どういう未来を一緒に作っていくことになるのか?

これについては、Saekoさんにチャネリングで診てもらいながら、また記事に起こしていこうと思う。

Twitterをフォローして更新情報を受け取る

Related Articles

Popular Articles