LIFE
2024.06.02 Sun
1106 Views

空間の異常検知とクリアリングをやってくれる量子ガジェット”マモリダマ”を使ってみた。

こんにちは。

さて、今日は”マモリダマ”をという、量子お守りガジェットを試してみたので、その記事を書いていく。

見た目はおもちゃっぽいが、効果は1家に1台レベルのオススメかもしれない。

チャネラーの友達Saekoさんにも使ってもらったら、「うわ、すごい、ビリビリやん!」「クリアリングの波動がめっちゃ気持ちいいね!」というお墨付きももらったので、いろんな検証の話も紹介していく。

マモリダマとは?

マモリダマは、ソリッドアライアンスという会社が作っている「ばけたん」というお化け発見器シリーズの中の一つ。複数のセンサーを内蔵し、空間の異常検知と異常のクリアリングをやってくれるガジェットである。

いくつか種類があるが、基本的な機能とメカニズムは同じ。積まれているセンサーが少し違う。

私は3種類買ってみた。

(左)わらし (中)マモリダマ (右)ばけたん

基本機能とメカニズム

3機種とも「異常検知」と「バリア(クリアリング)」機能がある。

異常検知では、空間の情報を引数として、ランダム関数にわたし、乱数を発生させて、統計的な偏りをみている。正常な空間なら、ランプは緑に点灯する。乱数が変に偏りがあったり、法則性があると、赤または青に点灯する。

バリア(クリアリング)では、空間を正常値に戻すための、おそらく乱数の偏りを正す乱数を発生してカウンターとして当てていると思われる。

内部構造とプログラムが気になったので、分解してみた。

左は基板、右は圧電センサー

圧電センサーが入っていることは説明書を読んで知っていたが、基板には謎の物体がちょこちょこ着いている。

大学時代に、マイコンとセンサー類で遊んでいたのを思い出す。

ChatGPTに、コア機能である「外部要因を乱数発生のインプットにする」というところを、どうやって再現しているのか?を分析してもらった。

そしたら、知らないセンサー類をはじめとして、回路図とPythonのコードまで予測してくれた。ChatGPTでリバースエンジニアリングできる時代がきた!

圧電センサーからのインプット処理と乱数関数への活用方法。

上のコードは、圧電センサーから intの0~1023の引数をもらって、ランダム関数のSeedとして代入しているメカニズム。なるほど、おもしろい!

ちなみに、乱数といういうのが、極めて量子力学的なガジェットであることを示唆している。

量子世界では、原子や分子よりも小さい素粒子が、確率的に物質へと収束しているという見え方をする。例えば、人の体だったら、素粒子が、たまたま確率的に、皮膚となり、人の形を成しているという見え方になる。その収束をさせているのが、意識とかエネルギー体なのである。

確率に何か異常が発生しているときには、確率つまり乱数発生が異常になるという考えに基づき、発明されたデバイスなのである。

スプーン曲げをしている空間ではマモリダマが赤く光るらしい。原理としては、人の意識が、金属に収束している素粒子に対して介入を図っているからだと思う。

マモリダマ検証

この2週間、いろいろ試してみたのでその紹介。

①川崎のホテルで霊?を怒らせる

わたしが取り組んでいる量子事業開発の仕事のパートナー企業が、マモリダマで実際に体験したお話。

京都のパートナー企業の方が、東京に出張に来た時の話である。

日帰りの予定が、急遽一泊することになって、川崎駅のホテルを予約したらしい。

ちなみに、川崎とは、神奈川県の北部で、東京の品川などからは近い。

街のエネルギー全体がなんか気持ち悪いので、私はできるだけ行かないようにしている。って話をサイキッカーの友達のSaekoさんにしたら、「私も〜w」って言ってた。やっぱり、エネルギーがよろしくないよね。

で、予約したホテルに行ってみたら、、、

ホテル宿泊時に、携帯していた「まもりだま」を机に置いた所、数分と経たずに「赤い発光(異常検知)」が発生。部屋内全体が少し怖い雰囲気があったがその中でも浴室及びその隣のクローゼットが危険そうだったのでドア前にまもりだまを設置し、バリアモードを起動。

数秒後、付近からノック音が室内に何度も鳴り始めた。ただ今回は怖すぎて、直ぐに部屋を変えることにしました。ノック音からはとても強い不快感を感じました。

この部屋には泊まれないとフロントにすぐに電話をかけて「部屋を変えてほしい」といったが取り合ってもらえず。

そしたら数分経って、別のフロントの人から連絡があり、部屋を変えたい理由を何も聞かずに、お高い部屋へのアップグレードを勝手にやってくれて、平和な部屋へ移ることができました。

空間に対して乱数調整プログラムの放出後、確かに空間に影響を与えていそう

パートナー企業の方の体験談

やばい存在も不快になるようなクリアリングの波動が出るらしい!
すごいw

②めちゃめちゃビリビリしたクリアリングの波動が出ている by Saekoさん

近くの八百屋さんでめちゃめちゃ美味しそうな山芋を買ったので、Saekoさんをうちに招待して晩御飯を一緒に食べた時のこと。

そういえば最近こんな面白いガジェット買ったよ〜と、マモリダマを渡してみたら、「なにこれ、めっちゃピリピリした波動出てるやん! おもちゃっぽいけど、多分本物やね。」とのコメント。

ちなみに、私はそこまで感度は高くないので、マモリダマを触ってもビリビリ感は全然わからない。

Saekoさんなら面白い検証してくれそうなので、マモリダマをあげて使ってもらうことにした。

その後。

Saekoさんが、ヒーリングセッションをやる時にマモリダマを使っていたら、とあるクライアントさんのセッションのときに、眠っていたやばいエネルギーが吹き出した瞬間があって、「うわっ!」ってSaekoさんもなった瞬間に、マモリダマが突然赤く光り出したという。

マモリダマが異常検知をした後に、空間を正常に戻すための波動をだしていたらしいのだけど、その波動がとっても心地よかったらしい。

③海外のゴーストツアーでは全く反応せず

先週は、グローバル企業のお偉いさんたちを集めてワークショップをやるために、オーストラリア出張に行ってきていた。週末は自由時間だったので、私も「バケタン」を持って、現地の心霊スポット巡りツアーに行ってきた。

殺人事件が起こった場所、神隠しがあった場所、幽霊の目撃情報がたくさんある場所などに連れて行ってもらい、その度に「バケタン」を起動して、空間の異常チェックをしたのだが、緑(異常なし)に光るばかりで、何も反応はなかった。

軽めにチャネリングしてみても、そんなやべーエネルギーの場所はなかったので、やや肩透かしではあった。

ただ、ホテルで寝ていた時に、ふと目が覚めてた瞬間に、バケタンが赤く光出したりすることはあったので、人が感じている未知の何かに対して、バケタンがも反応しているのだなと思った。

まとめ

バケタンシリーズは、わりとマジでちゃんと異常検知とクリアリングをしてくれているらしい。

一個数千円レベルなので、気になった人は是非試してみてほしい。

マモリダマ

圧電センサー、赤外線センサー、温度センサーのマルチモーダルの検知式。
クリアリング機能も高いと思われる。
サイズは手のひらサイズ。

4200円

周辺の状態を常にチェックし特殊な状態の時に自動で浄化を行ってくれる『デジタルお守り』

バケタン

圧電センサーのみのシングルセンシング。
スマホにつけて気軽に持ち運んで、気になった場所でマニュアル検知できるところがオススメ。

小さいので持ち運びしやすい。

ワラシ

マモリダマの機能に、「お喋り機能」をつけて、人形ぽくしたもの。
「やばい感じがします!」と突然話し出すので、たまにびっくりするw

突然お喋りを始めるので、少しびっくりすることがある。

Saekoさんに関連する記事

量子論に関連する記事

LIFEに関連する記事

おすすめの記事

閲覧数が多い記事