LIFE
2024.02.15 Thu
791 Views

引き寄せ(意識)をフル活用した結果、5ヶ月でスピード離婚しちゃった友達が結婚前に向き合っておきたかったこと。

今日はイタリア旅行の話ではなく、引き寄せをフル活用してたら、5ヶ月でスピード離婚しちゃってた友だちの話とその教訓。そして女性が最高のパートナーを出現させるための意識の持ち方の話。

ここ1〜2年で意識が現実化するスピードが劇的に速くなってきているらしい。

私みたいに10年前から引き寄せを実践しているような一部の限られた人じゃなくて、現在生きる全ての人に起こっている事象。

だからこそそんな世界線では、ちょっと気をつけたほうがよいことがあるよというお話。

久しぶりに引き寄せてみたお金

欲しいもの・ことを自由に買える豊かさはすでにあるから、久しくやっていなかったけど「お金」を引き寄せてみることに。

なぜお金を引き寄せたかというと、私がこの年末年始は旅行などでお金を思いっきり使っていたら4ヶ月間で250万円の請求になったこと、さらに20万円の新しいもっとくつろげるソファが欲しい!からである。

ということで「お金〜♪」を引き寄せ(意識)してみたのが、2024年2月初旬。

そして2週間で現れた3つの現実。

  • 1つ目は、友達の会社から舞い込んだクリエイティブの仕事。1日で10万円。
    夢中に楽しくやってたら+10万円のアップセルに成功!やったー!ソファ代GETやん。はや。
  • 2つ目は、確定申告による還元。赤字作りまくったから、50〜70万円くらい税金戻ってくる。
  • 3つ目は、リファラル採用による臨時収入(会社に人材を紹介して採用に至ったら60万円GET。こちらは予定)。

おし!気づけば、100万円以上の臨時収入が入ってきそうだw
本当に自分の都合よい世界を具現化してるな。

リファラル採用で60万円をGET(予定)

リアファラル採用とは、会社に知り合いを紹介して採用されるとお金がもらえるというシステムである。うちの会社は規定により60万円。

IT業界は求人倍率7倍の人材不足市場なので、人材の引っ張り合いだし、優秀な人材を確保するためにはリクルートメントエージェンシーに数百万円を成果報酬として支払う必要がある。

エージェンシーにお金を払うくらいだったら、社員のお墨付きの人材を紹介してもらったほうが、人材品質的にも安心だし、採用コストが大幅に削減されるから、60万円を社員に還元してもお得なのである。

全社会で「広報人材を積極募集中!」というお知らせをみて、「そういえば、10年前に楽天に入社した時の同期で、広報のスペシャリストいたなぁ」というのを思い出して、久しぶりに声かけして、うちの会社に誘ってきたというのが今日のお話の発端である。

結婚5ヶ月でスピード離婚

とりあえず私の営業トークの高さで、ご飯を食べ終わる頃にはすっかり転職モードになっていた友達であったが、会うのが2年ぶりくらいなので近況の話もたくさんしてきた。

一番のビッグニュースは、2年間会わない間に、彼女が結婚して離婚をしていたことである。

私が今の会社に入る前にご飯を食べたのは2021年の秋冬だったが、そのときはマッチングアプリを頑張っている的な話をお互いしていた記憶がある。

どういうこと?ってなったので時系列を確認したら、2022年の1月に出会って、2022年の7月に結婚して、2022年の12月に離婚したとのこと。

インスタも繋がっているのに彼女の近況を全然知らなかったのは、同じ時期に結婚したのに、超幸せな私の写真を見るのが辛くなってフォローを外したからとのことw マジで余裕なかったんだな。

「結婚するまでは、毎日2時間も通話もしてくれて、ご飯の後の洗い物とかもやってくれたし、いいなとは思ったんだけど、結婚してから全部変わったんよね。

家事なんか一切やらなくなったし、家事をやって欲しいとお願いしても、逆ギレされるし、だんだんと自分が悪いのかなって思うようになってきて。

そのうち家にも帰らなくなってきて、どうも別の女の人のところにいるらしいことが判明して、我慢の限界が来て離婚したんよね。

ようやく最近になって人に話せるようになってきたわー。」

それはそれは。

結婚前にも、ふと2面性を感じる瞬間があったり、メンタルDVを感じさせるような違和感を感じる瞬間があったようなのだけど、見て見ぬ振りをしたらしい。

引き寄せ(意識)の通りやん

ことのあらましを話し終えた後、彼女はぼそっとつぶやいた。

「引き寄せの通りやん。」

「もういい歳やし、35歳までに絶対に結婚する!!!!!って私宣言してたんよ。

それからマッチングアプリで出会って、元夫から熱烈なアプローチがあって、とんとん拍子で自分の誕生日にめでたく結婚できたんよね。

引き寄せした通り、結婚はできた。

けど、結婚後のことは何も引き寄せ(意識)していなかった」

彼女は本当に意識を使いこなしているんだろう。

ここ1〜2年は意識の具現化が早くなったって聞いたけど、実際そうなんだろうなとも思った。

じゃあ何がスピード離婚に繋がったのか?

それは彼女が自分で語った通り、結婚後のことを意識していなかったこと。結婚をゴールにしちゃってたこと。それがすべて。

意識を100%使いこなして、自分の思うがままの現実をだせるようになっても、自分が真に望むものに気づいていなかったり、設定を間違っていたら、5ヶ月スピード離婚みたいなことになる。

女性向け:最高のパートナーを引き寄せするために望むこと

傷心中の彼女ではあるが、次に向けて気持ちを切り替えて行動していきたいということだったので、最高のパートナーを引き寄せ(意識)するために”望むこと(感情)”について大切なお話をしておいた。口が勝手に動いた感覚だったから、たぶんチャネリングしてたな。

望むことは3つ。ちなみに女性向け

  • ずっとの楽しいと思う瞬間が続くこと
  • 愛されてるなぁと感じる瞬間が続くこと
  • 安心できること(甲斐性があるとか、浮気しないとか、結婚による安心とか、意味は人それぞれ)

共通点は「感情」。
引き寄せるのは、結婚でもなく、年収でもなく、感情なのである。

この3つだけ強く望んだら、それを叶えてくれるパートナーがすぐに見つかるよ!と伝えたら、少し表情が明るくなった。

ちなみに男性向けは、下記の通り。

  • かわいい ※綺麗・美しい、ではないところが重要
  • エロい
  • (自由項目)※私の場合は、おもろい

男女共通して、逆に望んではいけないこと

  • 結婚
  • 年収
  • 世間体

まとめ

以上、だれでも意識の力で自由に現実を作れるような世界線にはいったからこそ、気を付けたいことのお話でした。

望むこと(感情)は明確に。

そういえば、友達と話している時に、うちの家事事情の話になった。

私の家では、家事:ご飯、掃除、洗濯は、私がほぼ1人でやっている。

晩御飯は毎日手作りしているし、お米を炊く時に土鍋に入れる昆布の残り枚数とか、ポン酢の残量とか事細かに常に把握している。週末はシーツの洗濯、布団干し、床拭きまで全部やっている。

自分にとっては何も特別なことはなくて、けっこう家事好きだし、得意だからやってる。

家事は女性がやるべきとかは微塵も思っていない。

家事以外にも、男は仕事で女は家庭って考え方とか、旦那・奥さんという関係とかなんかクソくらえだと思ってる。女性も才能を発揮して稼いだらいいやんと思っている。逆に専業主婦思考は嫌。

そんな私の妻は、去年脱サラして個人商社をつくって、初年度でいきなり3000万円(推定)の売り上げをつくりましたとさ。業務委託もやってるから、そこからさらに50万円以上の収入もある。お財布別だから詳細は知らんw 才能活かして、メキメキ稼ぐのは良いこと♪

これもまた私という意識がつくっている現実のお話。

最近は毎日、500円のいちごが食べられて本当に幸せ!

引き寄せに関連する記事

恋愛に関連する記事

LIFEに関連する記事

おすすめの記事

閲覧数が多い記事