LIFE
2020.12.20 Sun
782 Views

1年かけて、スキルアップ&意識改善して、1200万円の内定GET!内容は引き寄せの通りか?

2週間ぶりの記事。

転職活動&フリーランスの仕事がとっても忙しくて楽しくて、筆が止まっていた。

この度、タイトルの通り、無事コンサルの会社から内定をもらえたので、記事を書いていこうと思う。

1年かけて、いろいろと悩みながら行動し続けてきたことの集大成。

そして、引き寄せの内容とどれだけ一致しているのかの確認。

オファー内容

ベース:1000万円
決算ボーナス:200〜300万円

という1200〜1300万円のオファー。

額面的にはとっても嬉しい!
1年前は、こんな額面もらえる自信なんてなかったし、お断り続きで凹みまくってたけど、今は、自分はこのくらいの額面をもらう価値がある、仕事をする自信がある。そして、その潜在意識のレベルと同じくらいの額がきた感じ。

リモートワークだから会社は来なくていい、仕事してれば旅行してくれてもOKとのこと。

こちらをプロとして信頼してくれての内容であることもとっても嬉しい。

仕事内容

仕事内容は、日本の会社に、サービスに、イノベーションを起こしていくための、プラットフォームを作り上げる仕事。

コンサルではあるけれども、サービスデザイン(デザインシンキング、顧客志向で、ITを活用して新しいサービスを創り上げていくこと)というパートを中核に添えて、新しい事業を創り上げたいというチャレンジ精神旺盛な会社。

外資コンサルBIG4の人とかも応募してきていたらしいけど、そちらを断って私を採用してくれたのは、カオスな状況を好み、0から1で何かを生み出すために、自分から考えて動ける人を探していたかららしい。うん、そこはめちゃめちゃ得意。

3ヶ月前に引き寄せで書いていたこと

8月に書いていた引き寄せ分の内容。

2020年8月30日

私、(名前フルネーム)は、2020年10月31日までに仕事を見つけて働き始めました!

私のGETした仕事は、

・夢中になれる!
・お金を払ってでも経験したい!と思える!
・学びがたくさんある!
・成長を感じる!
・たくさんの人にありがとうと言ってもらえる!
・有給が気兼ねなく自由に取り放題!
・手取り70万円 ボーナスは150万円が夏冬2回。
・リモートワークで、マイペースに伸び伸びと働けてストレスフリー♪
・みんな親切で素敵!
・グローバルに仕事ができて、英語が伸びる!
・美男美女がたくさんいて、目の保養になる!
・家族との時間がたくさんとれる!
・友達や家族にも自慢できる!

そんな仕事をGETすることができて超幸せ!楽しい!

ありがとうございます♪

引き寄せが実現されたかの検証

金額

引き寄せでは、1000万円(手取り 70万円x12ヶ月、100万円x2)くらいを書いたので、ほぼほぼ現実化したかな? 税金考えると実際のオファーの方が少し低くなる印象。

まー、誤差の範囲だし、フリーランスの仕事も200〜300万円予想されるのでトータルでは上回る印象。

夏冬ボーナス2回というのが、年一回というのが引き寄せと実際で違っている点。

仕事内容

一番引き寄せたかったポイントは「成長できること、学びがあること」。

実際に働いていないので確定ではないのだけれども、ベンチャーキャピタル機能も持つコンサルなので、実際にどうやって事業を計画して、PoCをつくって、資金調達して、人の育成をしていくのか?といった、もともと自分が学びたいと思っていたMBA的なことが、お金をもらいながら学べるという、願ってもいない環境である。

成長、学び、チャレンジがたっくさんあるのは容易に想像できる。

1年前にも1200万円のオファーをもらったことがあったけど、そのときの仕事内容はなんだかピンとこなかったので断ったことがあった。

それに比べると、いや比べようもないほどめちゃめちゃテンションが上がる仕事内容だ。

仕事環境

「リモートワークで自由にマイペースで仕事ができる!」

これも引き寄せした通り。さらに、

「有給が気兼ねなく自由に取り放題!」

これもおそらく実現されている。有給の日数を引き寄せるの忘れたので、初年度が9日の有給になってしまったが、そもそもワーケーションOK!の会社だ。

社長はもう休暇に入ってるっていうし、12月25日が最終日でそれからは2週間ほど休みだという。コンサルって馬車馬のように働いているイメージあるけど、一般的なコンサルとはお金の取り方が少し違うらしいので、ゆったりしている印象。

美女がたくさんいる

うーん、リモートワークだから確かめようがないけど、オフィスで会った二人の女性は、綺麗で素敵なオーラを持った人だった!笑

グローバルな仕事があって、英語力が伸びる

日常的に英語を使う機会は少なさそうな印象。

自分で海外のパートナーを探してきて、国内企業とのマッチングなどをする仕事をつくれば、機会は作れるという印象。

外国人の部下を雇ってもいいかもしれない。

グローバルな仕事をつくるかは自分次第。

叶った日時

唯一大きくブレたのはここ。

引き寄せ文では、10月末としていたが、結局は12月末となった。

これには心当たりがある。9月、10月に仕事がフリーランスの仕事が面白くなってきて、就職への意識がほとんどなくなって、就職活動をしていなかったのだ。

プロジェクトの終わりが見え始めた11月初旬に、次はどうするか?フリーランスを続けるか?会社に勤めるか?を自問する機会があった。

会社の方が学びが大きそうだし、やっぱ会社に所属するか!と思っていたら、ちょうどヘッドハンターから面白い仕事の紹介が入って、1ヶ月半の選考プロセスを経てようやく決まったという感じだった。

引き寄せして、行動すると初めて結果が現れるという最たる例。

会社に対する感想

それほど大きくはない会社だけど、めちゃめちゃ利益出しているっぽい。

役員と社長と話させてもらったのだけれど「うちは普通のコンサルと違って、客を選びます!」と言っていたのが面白かった。

いい仕事するには、属人的な要素、つまり、なんとなくフィーリング合いそうだなとか、好き嫌いの感覚が結構重要だと考えているらしい。

コンサルの人なので、二人ともめちゃめちゃ頭がいいのだけれど、同時に「感性派」な印象を受けた。世の中って、白か黒かじゃなくて、グレースケール上にしか物事って存在していないよね、そういう感覚が通じる人たち。

私を含めてデザイナーやエンジニアは、そういう感覚を持っている人が多いけど、コンサルでこの感覚を持っている人は相当レアだし、一緒に働く人としてはかなり仕事がやりやすい。

そして、面接で面白かったことがもうひとつ。
社長から、私からの唯一の質問です、と聞かれたのが「あなたが人生でやりたいことは何ですか?」だった。

「イノベーターやクリエーターを育てたいです。」と回答した。

そしたら「めちゃめちゃ面白そうじゃないですか!会社作ったら、ぜひ出資したいです!」って言われた。

面接の会話ちゃうよね笑

質問の意図を聞いていったら、将来的に事業のパートナーになってくれる、ビジョンを明確に持った人なのかどうかを問いたかったらしい。

2〜3年で新事業のプラットフォームを作って、パートナー会社として独立してくれるレベルのマインドセットを持った人材であってほしいとの思いがあるらしかった。

私はもともと2〜3年後くらいに、会社つくろうかなと思っていたので、それをサポートしてくれるパートナーを見つけたということにもなる。

世の中うまく回ってるもんだよね。

ロスの会社からもオファーがもらえそう

そんなこんなで、素晴らしい会社に、素晴らしいオファーをもらったのだけど、ロサンゼルスの会社からも内定がもらえそうなのである。

現地のハイアリングマネージャーと、デザイナーとオンライン面接をしたのだが、かなり感触がよくて、今週中にもオファーがもらえるかという状況になった。

完全なる英語環境なので、英語が伸びる環境なのは間違いない。
仕事内容でいうと、圧倒的にコンサルの方が面白そうではあるのだが、ちょっと嬉しい悩みである。

ちょうど一年前は、とりあえず会社を辞めてみて、やりたいことが定まらなくて、手当たり次第に面接を受けて落ちまくっていたのが、まるで嘘のよう。

フリーランスの仕事で、いろんな人に助けてもらいながら経験積んで、自信を持って、やりたいこと、学びたいことがクリアになってからは、どんな仕事でGETできるでしょ!っていう確信がもてるようになったし、その意識が自然と現実になって現れたなという印象。

いろんな人に感謝!

これからも、量子論的に、引き寄せ的に、実生活での実験を続けて、記事を書いていくので、いま仕事探しを考えている人、変わりたいと思っている人、カルトな話が好きな人は、Stay tuned してくれたら嬉しい。

よかったら、Twitterでフォローしてくださいませ。

Twitterをフォローして更新情報を受け取る

Related Articles

Popular Articles