LIFE
2023.11.18 Sat
556 Views

わずか半年で給与100万円アップ。”意識”で給与アップを引き寄せる方法は、他人軸を捨て、ただ全力で楽しむだけ。

こんにちはShinです。

Buy me a coffeeで、なんと11杯分のコーヒー代をカンパしてもらった!
ありがとうございます〜♪

嬉しくなったので、久しぶりに記事を書いてみることにする。

ネタはたくさんあるのだけど、今日は「意識で給与を上げる方法」について書いていく。

また給与が上がった!

2023年10月で給与が50万円アップ!!

2023年4月でも給与が50万円アップしてたので、半年で100万円くらい給与アップ。
年収はたぶん1100〜1200万円くらいかな?給与明細は見てないのでわからない。

会社はIT系で、去年上場したばかり。まだ赤字経営で、会社的には昇給予算が限られるという中で、2回連続で、結果:最高評価、プロセス:最高評価という評価をもらった。

ちなみに、出世には興味はないのと、マネージャーよりもプレーヤーとして仕事する方が楽しいので、役職なしの平社員にしておいてくれとお願いして、平社員のままである。

どんな成果を出したのか?

給与が上がる、それなりの成果を残してきた。

一応会社はIT系の上場会社なので、わりとちゃんとした評価システムが確立されている。
昇給条件も設定されていて、部長陣が全員集まって人材評価会議を行い、社員一人ひとりの評価を決める。

プロセス / 結果の2軸で評価を下すのだけど、両軸で最高評価はたぶん会社の中でも数人だと思う。

ちなみに私の仕事内容は、コンサルタントとして、クライアント企業のイノベーション創出、イノベーター育成、事業開発、DX推進のサポートをしている。最近はイノベーションアーキテクトを名乗らせてもらっている。

9ヶ月で1億5000万円のプロジェクトを組成

2023年4月から1億5000万円くらいのプロジェクトを組成している。

コンサル業態なので、クライアント企業からお金をもらうという稼ぎ方である。
プロジェクトの種類で言うと

  • DX施策具体化のワークショップ・3ヶ月・1500万円
  • 事業開発支援でユーザーインタビューで顧客の課題検証・2ヶ月・1000万円
  • 生成AI時代のDX戦略策定支援・6ヶ月・3500万円

金額とか内容は本当にざっくりだけど、そんな感じ。

コンペ案件で3500万円の獲得

コンサルの稼ぎ方は、既存プロジェクトでクライアントにとっての価値を出し、満足してもらい、次のフェーズのプロジェクトを組成する「継続案件」と、クライアント企業から複数者に対するコンペ案件もある。

コンペ案件では、クライアントがやりたきことに対して、提案書を立て付けて、プレゼンをすると言うスタイル。

つい先日、飲料メーカーのDX戦略策定のコンペで50ページの企画書をスクラッチで書き上げ、見事に「採用」の連絡をもらった。

アクセンチュアとかデロイトとか、外資コンサルでも1億円以上組成する人はハイプレーヤーらしいので、それと比べてもけっこうな金額を積んでいることになる。

会社としては、きちんと評価して、給与を上げてあげたい(あげないとだめ)という成果を出した。

どんな世界線で仕事をしているか?

そんなに売り上げをつくっているのだから、ガムシャラに働いているのではないか?と思われるかもしれないが、全然そんなことはない。

  • 働いてる時間は6〜10時間くらい
  • フルリーモートで出社は月1回くらい
  • 昼寝も結構している
  • 休憩がてらモンハンナウしに近所を散歩してる
  • 疲れたら猫ちゃんをモフモフしてる
  • 癒されに妻とハグしてる
  • 有給は取り放題
  • 10日の長期休暇も取れるから海外もいける
  • チームメンバーはみんな優しい
  • クライアントも面白くてフラットで、パートナーとして接してくれる
  • クライアントに500万円の量子の機械が欲しいと言ったら買ってくれる
  • クライアントに気に入られて逆に接待してもらえる

書いてみたけど、なかなか自由な世界である。
引き寄せと自分の意識を自由に扱えるようになると、こういう世界線はこんな感じ。

あなたの世界は、あなたの意識が創っているので、常識を取り払い、自分の中の真の望みと向きあい、それを受け入れる許可をすれば、勝手にそういう現実になる。

自由に世界をつくる意識の持ち方

冒頭に1億5000万円のプロジェクト組成という成果を出したという話をしたが、会社という遊び場・舞台で、給与をアップするために必要だから、そういう成果を出しているだけで売り上げるを真の目標にはしていない。

自由に世界を作るための意識の持ち方には、いくつかのポイントがある。

とにかく楽しむ

私がプロジェクトをする上で特に意識しているのは「楽しむ」である。

どうしたら、楽しいプロジェクトにできるか?
どうしたら、自分が楽しい状況を維持できるか?
どうしたら、学びや経験値を最大化できるか?

そんな問いを常に自分の中で大切にし、それに向けて行動に移している。

「楽しい!」って状態で、自分からその波動が出せていると、クライアントも含めて周りの人にもそれが伝わり、自分の意識下の世界が、なんか勝手に楽しく、望ましい状況になる。

量子技術で楽しく夢を語ってたら、クライアントがプロジェクトにしましょう!って数千万円の予算を確保してくれた。500万円の量子機器をドイツから買いたいです〜♪って言ったら、お金も出してくれる。

冒頭お話ししたコンペ案件では、自分が最大限に楽しむプロジェクトにするためにはどうするか?って観点で提案書を書いたら採用された。採用のメールには、「ワクワクした取り組みになりそうで、楽しみです!」ってコメントがあった。楽しい!って波動は人に伝わる。

楽しむに意識を向けていると、経験したことのない仕事でも、不思議とこなせる気になるし、実際にこなせちゃう。これまでは失敗したらどうしようとか、経験したことないから不安だなとか、そういうところに意識がいくこともあったけど、楽しいだけに意識を向けていると、必要のない今じゃないどこかに意識を向けることがなくなって、自分の過去生から培ってきた潜在能力を120%引き出すことができるようになった。

ChatGPTを使いこなせるようになったことも大きい。自分の中に意志問いが持てればChatGPTは何でも答えてくれる。未経験のことだろうがで難なくできる。これまで3ヶ月かかっていたことが1日で終わるようになったし、生産性が爆上がりである。人から見たら、すごいことやってそうでも、実はパパッと終わってるし、昼寝してもお釣りが来るようになる。

いらない常識を外す

いまでこそ常識を外しまくった私ではあるが、10年前はいらない常識の囚われていたと思う。

仕事は、

  • 出世することがよいことである。出世は人との競争である。出世しないと給与は上がらない。
  • 給与をもらっているから嫌なことでも我慢してやらないといけない。
  • 出社しないといけない。
  • 上司やクライアントには逆らえない。

これらって実は要らない常識で、この要らない囚われを外れせれば、自分が望む世界線を作ることが可能になる。

他人軸を捨てる

人が囚われそうな意識の一つに「仕事では、出世とか役職を目指すのが良いことである」があると思う。それによって他人から認められるし、社会での成功者として地位が築けるのである。
そんな他人軸を持っている人は、思い切って捨てることをお勧めする。

役職とか世間体とか、成功とか、それらは全て他人軸で、あなたの世界線にノイズを起こす要因である。そこに囚われると縛りプレイになる。

私にとって仕事は、自分が楽しいことをやること。

もう少し補足するなら、
楽しみながら、自分が能力を発揮して、人に喜んでもらいお金をもらうこと。

偉いとか、役職とか、世間体とか、成功とか、全部どうでもよくて、自分が楽しいと思えることが一番大切。

冒頭に1億円の話をしたけど、それはあくまでも会社という遊び場・舞台で、給与をアップするために必要だから、そういう成果がでるという設定にしているだけで、1億売り上げるを真の目標にはしていない。そんな他人軸はどうでもよくて、一番大切にしているのは自分の「楽しい」である。

そこが腹落ちできたら、意識で自分の望む世界を自由に作れるようになる。

まとめ

”意識”で給与アップを引き寄せる方法、いかがでしたでしょうか。

他人軸捨てて、自分の楽しい!だけを意識できるようになると、本当最強。
自分の望む世界なんかすぐに現れる。

この記事で少しでも気づきやコツが掴んでもらえたら嬉しいです。

PS

年末の井上尚弥のボクシングのチケット抽選が当たった!
20万円のチケット!

試合当日に全社会議の発表を入れられそうだったから、「無理です、ボクシングの試合に行きたいので休みます!」っていったら、「それは大事ね!いってらっしゃい!」って、快く日程ずらせてもらえた。

優しい世界だ。

記事が面白かったら、右下のオレンジのボタン「Buy me a coffee」でコーヒー代をカンパしてもらえると、記事を書く励みになります〜♪

お金に関連する記事

量子論に関連する記事

LIFEに関連する記事

おすすめの記事

閲覧数が多い記事