LIFE
2020.11.16 Mon
567 Views

外資コンサルの面接で、聞きやすい英語を話す面接官を引き寄せて、一次選考をパス。

#今日の引き寄せ シリーズ。

フリーランスのサービスデザイナーとして、クライアントとプロジェクトに恵まれて、楽しい日々を送っているが、新たな給与所得、学びの場、楽しい仕事が自動的に降りてくる場、英語がさらに伸びる場を求めて就職活動中。

今日は外資コンサルBIG4の一角の面接だった。

前の記事はこちら「再応募禁止期間のコンサルファームの選考プロセスを引き寄せでこじ開けた。

外資コンサルBIG4の一角で、過去1年以内に応募して、Declinedをくらっていたのだが、#引き寄せ してみたら再応募禁止期間にもかかわらず、選考が進むことになったのだ。

今日は迎えた、最初の面接で試した引き寄せについての徒然書き。

聞きやすい英語を引き寄せる

外資コンサルなので、面接官は外国人。

面接は英語。

さらにはリモート面接である。

ビジネス英語は話せるし自信はあるのだが、リズムが合わない人だったりすると7割くらいしか理解できないこともある。

聞きやすい英語の人は、英語特有のリズム感の合う人なので、こちらの言ってることも齟齬なくだいたい伝わる。

そして、聞きやすい英語を話す人がくれば自己アピールは100%うまくいく、と私は無意識でも思っている(量子論的にここ重要)ので、英語面接の成否の別れ目は「聞きやすい英語」かどうかである。

そこで面接前にやっておいた引き寄せ。

面接官の英語が聞きやすい♪

書くまでもなく実現するだろうと思ったので、心の中で唱えて感情を味わうだけ。

午後3時から始まった面接。

めっちゃ聞きやすい綺麗な英語キター!!

100%理解できる英語。速度もトーンもリズムもめちゃめちゃ合う。

やったね♪

すぐに一次通過

蓋を開けたら、この面接官の人と私は、2020年の1月に別の会社の面接で話したことがあったらしい。

その時、彼は別のIT系の会社で働いていて、当時私はいくつかの会社の面接を受けていて、面接を一度受けたらしい。

らしいというのは、ちょっと私は当時、やりたいことがはっきりせず、なんとなく面接を受けて、落ちまくっていた就職暗黒時代だったので、よく覚えていなかった。

しかし、彼は私のことを覚えていてくれたらしく、ぜひ採用したかったらしいのだが、私の方からお断りをしたらしい。(これもちょっと覚えていない笑)

で、彼は現在のコンサルファームに移って、上司から良い人材いない?と聞かれて、覚えていた私のことを推薦してくれたらしい。

再応募禁止期間にもかかわらず、選考が進んだのは彼のおかげだったのか。

神や〜✨✨

無駄に受けていたと思っていた面接が無駄ではなかった。

この会社の面接は全部で4回らしい。

彼は一発目の面接官なのだが、もともと私のことを気に入ってくれてたということもあり、今回の面接はもはや面接ではなく、次の面接官の情報や、面接対策のアドバイスを伝えてくれるという。

神や〜✨✨

20分という短い時間だったけど、とっても有意義な時間になった。

最後には、今はコロナで国内のクライアントの仕事しかできない状況だけど、いずれはグローバルなプロジェクトがたくさん生まれるはず。あなたのようなバイリンガル人材は、活躍の場がきっとたくさんあるはずだから、ぜひこのチャンスを掴み取ってね♪という暖かい言葉までもらった。

引き寄せと次元操作は万能

面接や職探しにおいては、引き寄せと次元操作はめちゃめちゃ使えるので必須だと思う。

ポジションの条件面を引き寄せることはもちろん、どんな面接官を引き寄せるかも大切。

そして、次元(ステージ)操作で、高いステージにいると、自然とものごとがすべてうまく回るので、このスキルも必須。

次元(ステージ)操作についての詳しい話はこちら。

次元とは?異なる次元を行き来する方法と体験した感想①

Twitterをフォローして更新情報を受け取る

Related Articles

Popular Articles