TRAVEL
2020.09.05 Sat
1065 Views

絶好調だったルーマニアでの引き寄せ②

絶好調だったルーマニアでの引き寄せ①の続編。
①をまだ読んでいない人は、ぜひ読んでほしい。

2017年の冬休み、ルーマニアに呼ばれて遊びに行った時に試していた引き寄せの実験の話の続きである。

WIFI引き寄せの術

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: P1180672-1024x769.jpg

ドラキュラの城から数日後のこと。

日の暮れかけた、ホイア・バチウという神隠しが頻発するという森に一人で遊びに行き、10匹ほどの野犬たちに囲まれて、死を覚悟するという貴重な体験のあとに向かった、バイア・マレというルーマニアの北部にある街。

バスに揺られて街に着いたのが夜8時。

maps.meという地図アプリで調べてみると、どうもバスターミナルからホステルまで3キロくらいあるではないか。

知らない街を夜歩くのは精神的に疲れるものがある。

どうしたもんかなと思って、そういえば宿の人から「迎えに行こうか?何時に着く?」ってメールがきていたのを思い出す。

返信すれば迎えに来てくれるかな?

ちなみに、私は旅をする時、常にエアプレーン(オフライン)モードで、現地のSIMも買わないから、Wifiが無いとネットができない。

さらにこのバスターミナル、いちおう屋根と電気のある小屋なのだが、Wifiは飛んでいない。北海道の田舎のバス停にWifi期待するようなもんだよね。

しかし、このルーマニアの旅は絶好調なのでやってみた。

引き寄せタイム✨✨✨✨✨

フリーでつかえるWifiがやってきて、宿の人に連絡が取れて、無事に迎えに来てくれました♪

そして、iPhoneを覗く。
はい、野良Wifiキター!!

取り急ぎ宿の人に、
「今バス停に着いた、日本人、青色のジャケット」
と手短にメッセージで送る。

よし!

次の瞬間、Wifi消える。

10分くらいしたら、気さくな宿の女の子が迎えに来てくれた♪

経験則だけど、Wifiは割と引き寄せやすい。

温かいご飯にもありつけて、大満足♪
ルーマニアのご飯は美味しい。

この翌日、地元の人に、そこにバスは通っていないよ!
と言われた険しい山の中に路線バスを出現させて、陽気な墓へと無事に辿り着いたり、自分の都合のいいように世界をコツコツ作り上げて行った。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_8097-1024x1024.jpg
陽気な墓、サプンツァ

ちなみに、ウクライナとの国境の近くに、陽気な墓と呼ばれる楽しいスポットがある。故人の顔とか、生きている時にしていたことがお墓に彫刻されている。

確かに、見てて楽しくなった♪
面識はないけど、そこに眠る人がどんな人物だったのかがよくわかった。

かなり行きにくいが、ルーマニアに行くなら絶対におすすめである。

天気を雨から晴れに変える

旅行というより修行のようなルーマニアの後に訪れたギリシャ。

色々あり過ぎて疲れたので、バカンスモードに切り替えて、サントリーニ島に向かい、2018年のお正月をゆっくりと過ごす。

そして、ミコノス島などをホッピングしながら、アテネへ飛ぶ。

足が動くままに無計画に歩き回っていたので、アテネに着いた時点で、残りの日数が4日だった。

微妙な日数である。

アテネはそれほど大きな街ではないので、2日あればパルテノン神殿をはじめ、有名どころは回れてしまえそうだからである。

時間つぶれへんかな。

そう、心に思ってしまった。

時間は夜7時頃、アテネのレストランで夕飯を食べていた。
すると、突然雨が降ってきた。
土砂降りである。

まじかー!

翌日の天気予報を確認したら、
☂️、☂️、☂️、☂️
降水確率が一日中90%である。

時間が潰れる。。。

そういうことちゃうーーーーー!!!

時間が潰れるかなとは思ったけど、雨で何もできずに宿に籠らざるをえないということでは、断じてない!!!!

時間つぶれへんかな、を取り消して、撮影とか楽しく時間が過ぎていく、という引き寄せにオーバライドする。

一旦、意識から消す。
雨が小雨になったので、夜のアテネをプラプラ歩いて写真を撮って楽しむ。

宿に戻る。

そういえば、明日の天気は?と思って、再び天気予報をチェック。

🌞、🌞、🌞、🌞
降水確率が終日10%に。

はい、天気変わりましたー♪

1時間の間に、終日90%☔️だった明日の天気予報が、終日10%🌞に変わる。

これも引き寄せのなせる技。
翌日はもちろん快晴で、写真撮影が思う存分楽しめた。

雨季に雨を降らせない

地球の歩き方によると、12月、1月のルーマニア、ギリシャは雨季らしく、半分くらいの確率で雨になるらしい。

しかし、雨が降ると写真が撮りにくいので、いつも旅に出る前に、快晴をきちんと紙に書いて引き寄せておく。

2017年の冬休みは、16〜17日くらい旅をしていたのだが、雨が降ったのは、アテネでの夜の一瞬だけだった。

サントリーニ島では、元旦から天気が良かったので朝から張り切ってハイキングに出かけた。10キロくらい歩いて宿に帰って、

「めっちゃ天気よくて最高だよね♪」

と宿の人に言ったら、

「この時期に、こんなに晴れが続くのはおかしい。」

とボソッと言っていた。

その現実、それ私が創りました🤗

以上、2017年の冬休み、ルーマニア・ギリシャで成功させた引き寄せの話でした。

意識で現実は書き換えられる、って事実がみなさんに少しでも刷り込まれたなら嬉しいです。

Twitterをフォローして更新情報を受け取る

Related Articles

Popular Articles